アクアフィリング豊胸後の除去

アクアフィリング除去

879view

今回は、大手美容外科クリニックでアクアフィリングを注入し醜形をきたしご相談にいらしたゲストです。

来院時の状態です。

アクアフィリング除去アクアフィリング除去

「青い線」で囲まれた部位が醜形をきたしているのが分かります。

やや赤みを帯びているのが分かると思います。

超音波検査では、皮下直下に多量のアクアフィリングの貯留が認められ、

軽度炎症をきたしており可及的に早期に除去することが必要でした。

除去は脇の注入部の創部より管を入れて圧排・圧出しました。

アクアフィリング除去

通常、アクアフィリングは透明ですが、

上の写真の通り、黄色くなっていました。

アクアフィリングが軽度感染して膿と一緒に流出してきたためです。

その後 多量の生理食塩水で洗浄しました。

途中、軽度の出血を認めたためドレーンを留置しました。

アクアフィリング除去

下方に見える赤と青の管がドレーンです。

3日後ドレーンは抜去しました。

2週間後の状態です。

アクアフィリング除去アクアフィリング除去

スッキリしました。

しかし炎症時の色素沈着が残っています。

 

今回の場合、アクアフィリングの注入部位が皮膚の下の非常に浅い層でした。

同部位のボリュームを出すなら間違いなくコンデンスリッチ豊胸が良いです。

アクアフィリングを注入して、除去を迷われている方。

是非一度ご相談にいらしてください。

 

 

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  1. 1975年
    神奈川県生まれ
  2. 2002年
    昭和大学医学部卒業
  3. 2002年
    昭和大学救急医学科入局 昭和大学病院 救急センター勤務
  4. 2003年
    昭和大学形成外科入局 昭和大学病院 形成外科勤務
  5. 2004年
    大学医局より市中病院 形成外科へ出向
  6. 2014年
    湘南東部総合病院 形成外科 診療科長就任
  7. 2014年
    某美容外科 地方院院長 就任
  8. 2016年
    THE CLINIC 東京院副院長 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 横浜院院長 就任
  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医