被膜拘縮が悪化した状態でシリコンバッグを抜去したケース

シリコンバッグ抜去

185view

本日は、バストへの追加注入が1件 脂肪採取+SRF注入が2件 シルエットソフト と、それなりの忙しさでした。

バストへの追加注入のゲストですが、数か月前にシリコンバッグを取り出しています。取り出した理由としては右側バストが被膜拘縮をきたした為です。その時の写真です。☟

シリコンバッグ抜去

右バストの正中側が凹んでいるのが分かると思います。

被膜拘縮は徐々に悪化しておりましたので、このままにしておくと更に凹みが悪化することが考えられ、摘出をすることとなりました。

バッグを取り出し、同時に脂肪(コンデンスリッチ脂肪)を注入しました。

2か月後の状態です。

シリコンバッグ抜去

バッグが入っていたために被膜が完全に縮まらずに形をある程度保っていましたが、バックがなくなり被膜が更に縮まったことで 凹みが目立っています。また右バスト全体が左に比べて縮んでいます。被膜の状態が良くないほどこのようなことが起こります。

今回は凹んでいる部位と右バスト下方を中心に脂肪を注入しました。

下の図がデザインです。

シリコンバッグ抜去

右バストの正中側の凹んでいる部位(紫斜線部位)と右バスト下方(赤斜線)を中心に注入しました。

注入終了時は 紫斜線部位は盛り、また右バスト下方もボリュームが出ていました。

経過はおって報告します。

このように被膜拘縮が進むとバストが硬く縮こまります。

そのままにしておくと更に硬くなります。

「あらッ、何かバッグが硬い!!!!!」と感じたらご相談ください。

早めに対処すれば綺麗なバストがよみがえります。