ハイブリット豊胸(追加注入)

506view

以前報告したハイブリット豊胸を受けられた方に、コンデンスリッチファット(以下CRF)を追加注入しました。

注入後1か月です。脂肪採取部位は太もも内側、外側、後面です。

今回も(当然ですが)ヒアルロン酸が注入されている乳腺下の層には脂肪は注入しません。

皮下脂肪層・筋肉層・筋肉下層に左右各々190mlのCRFを注入しました。

施術1か月後です。

ハイブリッド豊胸ハイブリッド豊胸ハイブリッド豊胸

大変自然な形状でシコリも触れず 満足されています。

初回施術前との比較です。

ハイブリッド豊胸ハイブリッド豊胸

ハイブリッド豊胸ハイブリッド豊胸

ハイブリッド豊胸ハイブリッド豊胸

ハイブリッド豊胸ハイブリッド豊胸

 

写真を見れば一目瞭然でバストの変化が分かると思います。

例えば①デコルテ~乳頭までのラインが凸➡凹になっています。

②乳房の下方のボリュームも明らかに増えています。

③正面から見た乳房の外側のラインが、体の肋骨のラインより大きくはみ出しています。

 

この方は2回コンデンスリッチ豊胸を行い確実にバストを大きくしています。

やはり、より大きくするときは、回数をすることが大切だと思います。

本ゲストは保存した脂肪が残っていますので、再度注入予定です。

 

この施術に関する情報

ハイブリット豊胸:

注)施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  1. 1975年
    神奈川県生まれ
  2. 2002年
    昭和大学医学部卒業
  3. 2002年
    昭和大学救急医学科入局 昭和大学病院 救急センター勤務
  4. 2003年
    昭和大学形成外科入局 昭和大学病院 形成外科勤務
  5. 2004年
    大学医局より市中病院 形成外科へ出向
  6. 2014年
    湘南東部総合病院 形成外科 診療科長就任
  7. 2014年
    某美容外科 地方院院長 就任
  8. 2016年
    THE CLINIC 東京院副院長 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 横浜院院長 就任
  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医