生理食塩水バッグを抜去、へこんだ胸にコンデンスリッチ豊胸

バッグ抜去 CRF豊胸

705view

こんにちは。

今回は『46歳 コンデンスリッチ豊胸+生理食塩水バッグ取り出し』の症例です。20年前に生理食塩水バッグを挿入しました。バッグに違和感を感じ、取り出し希望で受診されてコンデンスリッチ豊胸をすることとなりました。

術前写真です。左右差が顕著です。向かって左の方が外観上バストの大きさが小さいです。

同じ大きさのものが入っているのにも関わらずこのような場合は、被膜拘縮が強い可能性があります。

バッグ抜去 CRF豊胸バッグ抜去 CRF豊胸

実際に取り出したバックです。

生食バッグ150cc、ラウンドタイプ、表面はスムースでした。明らかな破損はありませんでしたが、左のバックには石灰化が付着していました。

バッグ抜去 CRF豊胸

また摘出した直後の状態です。

バックが長時間挿入されていた時よく見られるのですが、バストが凹んでしまうのです。

バッグ抜去 CRF豊胸

左右ともに凹んでいますが、右側が顕著です。

なぜこのようになってしまうのか?原因としては①長時間挿入されていた②体格にあっていないサイズのバックを無理やり挿入しバストサイズを出していた からです。

女性の象徴であるバストがこのような状態になってしまうのでは大変ショックだと思います。

他のクリニックではバックを抜いてから数か月開けて脂肪豊胸をするのが一般的ですが、

THE CLINICでは、同時に脂肪豊胸(コンデンスリッチ豊胸)をしますので凹んだ状態で生活することはありません。

凹んでしまうのは前述した①②の原因によりバックの下の組織(このゲストの場合は肋骨)や上の組織(皮下脂肪・大胸筋)が薄くなってしまうことが原因です。肋骨は圧迫され肋骨自体が凹んでいることがあります。

結局、このゲストはコンデンスリッチ脂肪を 右150ml 左170ml注入しております。

 

経過は追って報告します。

 

この施術に関する情報

コンデンスリッチ豊胸:●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬、固定レンタル)¥0●コンデンスリッチ豊胸¥980,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)¥880,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用、Φ2.4mmヌードルインジェクション)¥1,080,000

シリコンバッグ抜去:

注)施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  1. 1975年
    神奈川県生まれ
  2. 2002年
    昭和大学医学部卒業
  3. 2002年
    昭和大学救急医学科入局 昭和大学病院 救急センター勤務
  4. 2003年
    昭和大学形成外科入局 昭和大学病院 形成外科勤務
  5. 2004年
    大学医局より市中病院 形成外科へ出向
  6. 2014年
    湘南東部総合病院 形成外科 診療科長就任
  7. 2014年
    某美容外科 地方院院長 就任
  8. 2016年
    THE CLINIC 東京院副院長 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 横浜院院長 就任
  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医