乳房インプラントを抜くとこうなります。

452view

こんにちは、THE CLINIC 医局長 加藤です。

当院では、乳房インプラントを抜き 同時に脂肪豊胸を行っています。

そこで、一回でインプラントを抜く前と同じか もしくはより大きいバストの状態をご希望される方がいらっしゃいます。

平均的に200㏄~240㏄のバッグが入っています。

また脂肪は片胸にMAX200㏄~250㏄入れることができます。

それ以上入れると「シコリ」の形成のリスク高まるからです。

200㏄~250㏄の脂肪が生着6割としたら120㏄~150㏄の脂肪が生着します。

当然インプラントの大きさより、「すくなく」なります。

また「バッグと皮膚の間」や「バッグと肋骨の間」の組織を圧迫しているためMAX量を入れられないことがあります。

そのためバッグを抜くだけですと、バストが平坦もしくは凹む方もいらっしゃいます。

お分かりだと思いますが、大きくするには施術回数が大切になります。

回数を重ねることで少しずつ大きくなっていきます。

例えばこのゲスト様ですが、240㏄のインプラントが入っています。

右側を抜いた時の状態です。

両側ぬいたときの状態です。

左側はやや凹んでおり 右側は平坦になっています。

左は肋骨胸郭が盛り上がっているため、バッグを抜いた状態では全体的に左側が大きいです。

脂肪は、右250㏄ 左190㏄ 注入しました。

3か月後です。

左右差は目立たなくなりました。

形状は自然になりました。

またバッグがなくなったことで乳がん検診のマンモグラフィーを受診することができます。

 

この施術に関する情報

施術名: コンデンスリッチ豊胸
治療の概要: 太もも、腹部などの皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。これをバストの皮下に注入する豊胸手術。ベイザー脂肪吸引を併用することで、より美しいボディラインに仕上がる。
施術費用(モニター価格): ¥880,000~¥1,080,000(税込¥968,000〜¥1,188,000)
モニター募集に関して詳しくはこちらをご覧ください。▷【美バスト豊胸モニター募集】

副作用・リスク: 施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

豊胸・バストのお悩み 症例ブログ