他院脂肪吸引(太もも)後のお尻の下垂修正

651view

今回は、以前報告した他院で大腿部の脂肪吸引を受けられて凸凹になり、お尻が下垂してしまったゲストです。

施術から2週間経ちました。経過の写真を提示します。

今回は「お尻の下垂」をクローズアップします。

大腿部の凸凹に関しては後日報告します。

下の写真の水色で囲まれた部分は、お尻の脂肪を支える大切な部分です。

これを理解していないと本ゲストの様に大変なことになります。

他院修正

他院修正 他院修正 他院修正

完全に下垂しています。

年末の手術では水色の部位に左右各々100ccずつ脂肪を注入しました。

2週間後の経過です。

他院修正 他院修正 他院修正 他院修正 他院修正

しっかりとお尻は上がっています。

比較写真です。

(術前)         (術後)

他院修正他院修正

これから、むくみが改善し、脂肪が少し吸収される可能性があります。

経過をみながら、追加修正していく予定です。

ゲストは本当に喜んでいました。

このようなケースのゲストは沢山います。

脂肪吸引後にお尻が垂れて困っている方、ぜひご相談にいらしてください。

 

この施術に関する情報

他院の脂肪吸引の修正:●取りムラ、取り残し、たるみ、取り過ぎ等¥330,000〜

注)施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  1. 1975年
    神奈川県生まれ
  2. 2002年
    昭和大学医学部卒業
  3. 2002年
    昭和大学救急医学科入局 昭和大学病院 救急センター勤務
  4. 2003年
    昭和大学形成外科入局 昭和大学病院 形成外科勤務
  5. 2004年
    大学医局より市中病院 形成外科へ出向
  6. 2014年
    湘南東部総合病院 形成外科 診療科長就任
  7. 2014年
    某美容外科 地方院院長 就任
  8. 2016年
    THE CLINIC 東京院副院長 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 横浜院院長 就任
  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医