自然な涙袋へ!涙袋へのコンデンスリッチファット注入(脂肪注入)

1,575view

今回は涙袋へのCRF(コンデンスリッチファット)注入のゲストです。

20代女性、自然な涙袋を作って欲しいという希望でした。

太ももより脂肪を採取しコンデンスリッチファットにしました。

左右それぞれ目尻より注入しました。

施術前です。

涙袋 CRF注入涙袋 CRF注入

涙袋には0.2ccづつ注入しました。

1か月後です。

涙袋 CRF注入涙袋 CRF注入

ヒアルロン酸の様なわざとらしい涙袋ではありませんね。

少しずつ少しずつ変化します。

我々はゲストの要望に沿って少しづつ注入します。

 

比較です。

【術前】

涙袋 CRF注入

【術後】1か月

涙袋 CRF注入

そのため数回必要になります。
脂肪は余ったら保存しておきます。
2回目以降は覚醒している状態で、ヒアルロン酸の様に注入できます。

涙袋への注入はもう必要なく、それでも脂肪が余っているという時は、他の用途で使用できます。

例えば「肌のバックエイジング」など。

ご興味がある方はカウンセリングにいらしてください。

 

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

エイジング治療 症例ブログ