目の上の窪み

1,434view

最近「目の上の窪み」の相談の方がいらっしゃいます。
なぜ目の上が窪むのでしょうか?

原因

以下の原因が考えられます。主な理由は目の周囲を囲んでいる眼窩脂肪の減少です。

① 加齢性・・・年齢とともに目の周囲の脂肪が減少。また、皮膚の張りがなくなる
② 医原性・・・二重の手術の時「腫れぼったいですね」と言われ過剰に脂肪を除去された
③ 遺伝性・・・生まれつき骨格的に窪んでいる

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%81%bb%e3%82%99%e3%81%bf

対処法

①に対しては 年齢とともに脂肪量は減少します。それは仕方がない事です。
当然ですが補ってあげることで改善します。大腿内側やお臍の辺りの脂肪を採ってきて生きの良い脂肪に精製(コンデンスリッチ脂肪:CRF)を減少した眼窩脂肪に注入します。
また皮膚のハリに関してはCRFをさらに細かく精製し(マイクロCRF)を皮膚の下に注入しハリを蘇らせます。

②は美容外科ではよくあることですが、「目の上が腫れぼったい」といって脂肪を少しとることを勧める医師がいます。
確かに脂肪が多い方もいますが、皮膚が厚く腫れぼったく見える方もいます。
その場合、脂肪を採ってしまうと後々凹んでしまいます。また適量に採られたとしても年齢とともに脂肪は減っていきます。本来60歳で凹んでくる方が40代後半で凹んでくるといったことが起きてきます。
その場合も同様にCRFを眼窩脂肪内に注入し 必要に応じて皮下にマイクロCRFを注入することで解決できます。

③の場合、眉毛の下の骨が極端に突出していて外国人のような人ですが、基本的には上記の2つと同様の処置で対応できます。

また、上記とともに眼瞼下垂が混在している場合があり、眼瞼下垂の処置も同時にするとよい結果に繋がります。

%e7%9b%ae%e3%81%ae%e4%b8%8a%e3%81%ae%e3%81%8f%e3%81%bb%e3%82%99%e3%81%bf%e3%81%ae%e7%97%87%e4%be%8b%e5%86%99%e7%9c%9f

 

目の窪みが気になっている方は悩まずにメールしてくだいね。
アドバイスさせていただきます。

 

この施術に関する情報

CRFフェイス:モニター価格●¥325,000〜475,000(1部位あたり)
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「コンデンスリッチフェイス(顔の脂肪注入)」をご確認ください。

マイクロCRF注入:モニター価格●¥325,000〜625,000(1部位あたり)
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「マイクロCRF注入(顔の脂肪注入)」をご確認ください。

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

エイジング治療 症例ブログ