脂肪注入豊胸で「シコリ」を作らないために!!!!

786view

豊胸の種類

豊胸と一口に言っても多くの方法があります。
①シリコンバック
②ヒアルロン酸などの注入
③脂肪注入
など。

今回はザクリニックが得意としている脂肪注入の注入方法についてお話ししたいと思います。

脂肪注入豊胸の注入方法

脂肪注入の豊胸を受ける方は、当然ですが
①脂肪がシコリを作らずに
②多くの量が生着する
ことを望みます。

ザクリニックでは今現在わかっている最高の手法で施術を行います。

それは「コンデンスリッチファット(CRF)」を「φ2.4mmヌードルインジェクション技術」によって注入します。
これだけ聞いただけでは皆さん「??????」だと思います。

 

注入する脂肪の質

まずCRFについてですが下のURLで動画を見ていただくとわかりやすいです。

簡単にまとめると、CRFは特殊なフィルターにかけて抽出された「イキの良い脂肪」です。
イキの悪い脂肪は生着せずシコリの原因となります。イキの良い脂肪は生着しやすく しこりになりにくいのです。

注入時のテクニック

次に「φ2.4mmヌードルインジェクション技術」についてですが、この技術がすごい!!!

どんな組織でも生着するのに大切なのは血流です。脂肪も同じです。一か所に大量の脂肪が注入されても中心まで血管新生が起きず血流不足になり脂肪壊死をきたします。

そしてシコリの原因となります。そこでザクリニックのドクターたちは「φ2.4mmヌードルインジェクション技術」というスゴ技があります。

微量の脂肪を多くの場所に注入します。下図のイメージです。
正直 すごく手間はかかりますが良い結果につながるために 手間を惜しまずに 黙々と 注入するのです。

コンデンスリッチ豊胸の施術2

これを 何層(大胸筋下・大胸筋内・乳腺下・皮下)にも分けて注入します。
機械ではできず、手の感覚でしかできません。

まとめ

このようにザクリニックは脂肪注入に関して 最高の技術を提供しています。
詳しくは、こちら を参考になさってください。