法令線への脂肪注入!!

565view

こんにちは今回は 法令線への脂肪注入の症例を提示します。

法令線への脂肪注入はオーソドックスですが どのようになるのか?イメージがつかないと思います。

ゲストは40歳代の方です。脂肪豊胸のついでにほうれい線に注入しました。

右に2㏄ 左に3㏄ 注入しています。

術前です。

法令線の下方(下図の点線)の部位に注目してください。

 

約1年後の状態です。

その点線の内側は浅くなり 法令線が短くなっています。

法令線をなくすのは不可能です。

このように脂肪注入では、自然に浅くして薄くすることが目的です。

顔の脂肪は年齢とともに減少してきます。

それに伴い皺が増えてきます。

注入することで解決できる皺があります。

是非 ご相談ください。

 

お顔への他の症例です。ご参考ください。

この施術に関する情報

CRFフェイス:モニター価格●¥325,000〜475,000(1部位あたり)
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「コンデンスリッチフェイス(顔の脂肪注入)」をご確認ください。

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

エイジング治療 症例ブログ