女性化乳房はしっかりとした診断が大切!!!

390view

こんにちはTHE CLINIC 医局長の加藤です。

今回は男性のバストのお悩みで 多いい女性化乳房です。

まず初めに『女性化乳房の施術を行うクリニックに 超音波検査器がないのは ありえない!!』ということ。

 

一口に女性化乳房と申しましてもいろいろな原因がございます。

① 脂肪がおおいパターン

② 乳腺が発達しているパターン

③ ①+② のパターン

 

これに診断は触診ではできません。しっかりと超音波検査器がないとちゃんとした診断はできません。

THE CLINIC には各院 超音波検査器がそろっているので 確実な診断が可能です。

 

治療法ですが

① の場合は脂肪吸引のみ

② の場合は乳腺摘出

③ の場合は 脂肪吸引と乳腺切除

です。

超音波検査器がないと どのパターンか?診断することができず 適切な手術ができません。

 

さて、症例を提示します。

この方の場合 超音波検査器の結果  「乳腺が存在し 脂肪も多いタイプ」でした。

つまり前述した③のパターンです。

 手術は脂肪吸引と乳腺切除になります。

 

術前の状態です。

確かに乳房の膨らみを認めます。

手術のデザインです。

1か月後です。

 

いかがでしょうか?

しっかりとボリュームが減っているのがお分かりかとおもいます。

 

このゲスト様のように乳腺がある場合は 適切に摘出することが必要です。

 

男性の方で バストのふくらみでお悩みの方、是非是非 超音波検査器がある THE CLINIC で適切な診断 治療を受けてください。 お待ちしております。

 

 

この施術に関する情報

ベイザー脂肪吸引:モニター価格●¥280,000〜380,000(1部位あたり)
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「ベイザー脂肪吸引」をご確認ください。

乳腺切除:モニター価格●¥380,000〜900,000
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「女性化乳房(男性の胸の膨らみ)外来」をご確認ください。

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

脂肪吸引 症例ブログ