アジア人の顎・鼻のためのヒアルロン酸「CLEVIEL」

483view

皆さんこんにちは!!THE CLINIC 加藤です。

今日は顎・鼻の高さを出す アジア人のために開発されたヒアルロン酸「CLEVIEL」をご紹介したいと思います。

クレヴィエル今までのヒアルロン酸は形状維持性が弱く 顎や鼻に注入してもすぐに広がってしまい 鼻筋などは高さよりも 幅がでてしまい「アバター」のようになってしまうことがありました。
しかし「CLEVIEL」は形状維持性が高く 「スーッ」とした鼻筋を形づけることができます。
また顎もしっかり高さを出すことができます。そのためE-LINEをきれいに作れます。
(*E-LINEとは鼻先ー上唇ー顎先が一直線になる とバランスが良い)
またヒアルロン酸の評価の1つので吸収される期間に関しても(個人差はありますが)12か月~15か月となっています。

顎・鼻の注入材ではレディエッセが頭に浮かぶ方がいらっしゃると思います。

レディエッセ

カルシュウムアパタイトが含まれておりしっかりとした形状を形作れて 吸収されるのに1年半~2年近くかかると言われています。

そう考えるとレディエッセの方がよいのでは?となります。

レディエッセとCLEVIELの差別するところは溶かせるか?溶かせないか?という点です。
そこを理解して選択していただければよいと思います。
どうぞ一度お試しになってください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  1. 1975年
    神奈川県生まれ
  2. 2002年
    昭和大学医学部卒業
  3. 2002年
    昭和大学救急医学科入局 昭和大学病院 救急センター勤務
  4. 2003年
    昭和大学形成外科入局 昭和大学病院 形成外科勤務
  5. 2004年
    大学医局より市中病院 形成外科へ出向
  6. 2014年
    湘南東部総合病院 形成外科 診療科長就任
  7. 2014年
    某美容外科 地方院院長 就任
  8. 2016年
    THE CLINIC 東京院副院長 就任
  9. 2017年
    THE CLINIC 横浜院院長 就任
  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医