乳房縮小(ベイザー脂肪吸引)

乳房縮小 ベイザー脂肪吸引

1,372view

今回はベイザーで脂肪吸引をし乳房縮小を行ったゲストです。

乳房縮小 ベイザー脂肪吸引乳房縮小 ベイザー脂肪吸引乳房縮小 ベイザー脂肪吸引

乳房の重さにより下垂をきたしており形を整えるには乳房を引き上げることが大切です。

一番引きあがるのは乳頭からデコルテの皮膚を切除し縫合することですが、傷ができるというデメリットがあります。

THE CLINICでは皮下に熱を入れて皮膚を引き締めて引き上げる「サーミタイト」という施術があります。

細い針(10cmと15cmの2種類)を皮膚の針穴より皮下を這わらせます。その針先のみ60度近くの熱を発することができます。

それをゆっくり動かすことで皮下の線維化を促し引き締め(タイトニング)効果が出ます。

一つの針穴から放射状に同様の作業を行い「面」で引き締めます。(サーミタイトの説明ページです。)

針穴はきれいに治りますので傷はできません。お勧めです。

しかし、ゲストの希望は形よりも「ボリュームを減らすことが最優先」でした。

それ故、このゲストはサーミタイトはご希望されませんでした。

ベイザー脂肪吸引によるボリュームダウンを行うこととなりました。

またデコルテ部は気に入っているので乳房部のみのボリュームダウンを希望されました。

【術前動画】

脂肪は片側300mlづつ吸引できました。

【術後動画】

今回のゲストの様に脂肪吸引によってバストのボリュームを減らすことはできます。

バストのことでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

経過は追って報告します。

この施術に関する情報

ベイザー脂肪吸引:モニター価格●¥280,000〜380,000(1部位あたり)
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「ベイザー脂肪吸引」をご確認ください。

乳房縮小:●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬、固定レンタル)¥0 ●胸部¥380,000
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「バストの縮小・たるみ取り」をご確認ください。

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

豊胸・バストのお悩み 症例ブログ