「目の下の窪み」 にコンデンスリッチ脂肪で目元綺麗なラインに。

169view

こんにちは。ザ クリニック医局長の加藤です。

今回は目の下の段差です。

頬の脂肪帯が下方に移動し 眼窩脂肪がせり出してくることで 段差が顕著になります。

言葉で言っていると何を言っているのか?わからないと思いますので写真を提示します。

27歳女性です。

目の下がプクッと凸に盛り上がっているのがわかると思います。眼窩脂肪がせり出しているためになります。

またその下方は脂肪のボリュームがないため段差が顕著になり影グマができています。

そこでコンデンスリッチ脂肪と幹細胞を注入し段差を解消しました。

いかがでしょうか?

比較です。

 

この程度の眼窩脂肪の張り出しでは 眼窩脂肪を摘出する必要はありません。

 

コンデンスリッチ脂肪だけで綺麗な形状にすることができます。

目元が気になっている方、ヒアルロン酸などではなく 自分の脂肪で安全にきれいになりましょう。

 

この施術に関する情報

施術名: マイクロCRF注入
治療の概要: 皮下脂肪を採取し、そこから老化細胞や血液等の不純物を特許技術の遠心濾過で除去。この中から粒子の細かい細胞群(マイクロCRF)を抽出して術部に注入するエイジング治療。
施術費用(モニター価格): 1部位: ¥260,000〜¥550,000(税込¥286,000〜¥605,000)
モニター募集に関して詳しくはこちらをご覧ください。
▷【お顔の脂肪注入モニター募集】
▷【目の下のクマ・たるみ解消モニター募集】
▷【目の上のくぼみ治療のモニター募集】

副作用・リスク: 施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

エイジング治療 症例ブログ