50歳代 大きいバッグにさようなら。自然なバストに!!

554view

こんにちはTHE CLINIC 加藤です。

今回は大きいバッグを長年挿入していたゲストです。

50歳代 身長161cm 体重46.9kg (BMI:18)

15年前に240cc(大胸筋下) 5年前に390cc(大胸筋下)と一回入れ替えのご経験がありました。

術前です。

パッと見、体のサイズよりかなり大きなバッグの印象です。谷間の部位にバッグの形状が分かります。

またデコルテ~乳頭にかけてのラインにバッグの形状が出ています。

バッグは脇の挿入時の切開創を使用しました。

摘出したバッグです。

摘出した直後の状態です。

脂肪の採取は太もも(外側・内側)腰より採取しました。

脂肪は1020ml採取。荷重遠心分離を行いコンデンスリッチ脂肪642ml作成しました。

注入です。

大胸筋下の層には被膜があるため注入しません。

皮下・乳腺下・筋内の層に「細い管状」に注入します。

半年後以上の状態です。

いかがでしょうか?とても自然な形状です。

デコルテ~乳頭にかけてのラインがまっすぐです。

見た目が自然になったことは当然ですが、触り心地も自然になりました。

今、シリコンバッグに対する考え方が変わってきています。

フランスでは、テクスチャータイプ(表面がザラザラ)は被膜内にBIA-BLCL(インプラント関連未分化大細胞型リンパ腫)が取りざたされてフランスは製造 販売 輸出等を禁止しました。

禁止された同様のタイプのバッグを挿入されている方、ぜひともご相談にいらしてください。

この施術に関する情報

コンデンスリッチ豊胸:モニター価格●¥880,000〜1,280,000
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「コンデンスリッチ豊胸」をご確認ください。

シリコンバッグ抜去:モニター価格●¥200,000〜1,280,000
詳細はTHE CLINIC(ザクリニック)公式サイト「豊胸シリコンバッグ除去外来」をご確認ください。

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

豊胸・バストのお悩み 症例ブログ