24歳 AAカップがビブラで確実にバストUP!!

148view

今回もミラクルな大きさにしてくれる乳房皮膚拡張器ビブラを使用して 確実にバストUPしたゲストのご紹介です。

24歳 身長160cm 体重45kg (BMI:17.6)

大変お痩せな方です。

術前です。

触診上、皮膚に伸展性が少なく、術前に皮膚の拡張をしておかないと脂肪を注入したとしても全く生着しないと判断しました。

1回目は大腿全周から脂肪を採取しコンデンスリッチ脂肪としました。

バスへの注入量は右側320cc 左側250ccでした。

その後2回目豊胸を希望されました。

脂肪採取は、二の腕、肩、腰でした。

バストへの注入量は右側165cc 左側165ccでした。

勿論、2回目注入前後にもビブラを装着していただきました。

OPE前と2回目OPE後の比較です。

しっかりとバストアップしています。

加えて、術後の採取部位を確認してみましょう。

痩せている方ですと脂肪吸引もテクニックが必要となります。

二の腕と大腿部全周ですがボコ付きや色素沈着は認めていません。

20歳前後の若い方で皮膚の伸展が少ない方は、本ゲストの様に乳房皮膚拡張器を用いることで効果的にバストアップできます。

逆を言えば乳房皮膚拡張器を用いないとバストアップはできません。

「あれっ、皮膚伸びないかも、、、、。」と思われた方は ぜひご相談にいらしてください。

 

 

この施術に関する情報

コンデンスリッチ豊胸:●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬、固定レンタル)¥0●コンデンスリッチ豊胸¥980,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)¥880,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用、Φ2.4mmヌードルインジェクション)¥1,080,000

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

豊胸・バストのお悩み 症例ブログ