アクアフィリングの安全性。

381view

images112015年に日本に導入されたアクアフィリング。
組成はポリアミド2% 水分98% で生体親和性が高く、柔らかく自然な触り心地、3年で自然と吸収される、
「水で溶ける」といったキャッチフレーズで一躍人気施術の一つに仲間入りしました。

乳房の形状・触り心地等多くの方が満足している一方、やはり異物なので副作用の報告が少しずつ報告されています。

大手美容外科クリニックの短期(約1年)の報告によると3~4%程度、変形・痛み・感染 等が報告されています。
異物を体内に入れたとき、その物質がその人の体質に合うあわない(アレルギー反応)というのは起こり得ますので特に多いという印象はありません。
しかし、長期成績(5年や10年経過)の報告がないため今後どのようになるかまだ未知数です。
まだまだヒアルロン酸やシリコンバックトラブルのご相談の方が多いですが、
他院でアクアフィリングを注入し 変形・感染をきたしてご相談にいらしたゲスト、アクアフィリングが異物と認識し心配になりご相談にくるゲストが少しずつ見受けられるようになってきました。

ヨーロッパの厚生労働省の認可適合マークのCEの許可は得ていますが、アメリカの同等機関FDAの許可は得られてはいません。
今後5年後10年後どのような経過をたどるのか分かりません。

今後ご報告できるようなトラブル例がありましたらアップしたいと思います。