30代後半 シリコンバッグ抜去と同時のコンデンスリッチ豊胸 自然なバストラインに!

118view

今回は15年前にシリコンバッグを挿入したゲスト様です。

生理前に痛くなるのと、バッグが入っていること自体にストレスを感じて、バッグを除去希望にて来院されました。

御来院時の状態です。

バッグの形がクッキリと浮き出ています。

触診でも大変硬さがあり、超音波ではリップリングを認めました。

バッグは乳腺下に挿入されていました。バッグの大きさは左右ともに225㏄です。

さて次は脂肪採取です。

脂肪採取部位は太もも(内側・外側)腰でした。

脂肪採取量は1153㏄、コンデンスリッチ脂肪(以下CRF)は780㏄作成できました。

バッグが長期にわたり挿入されていたので組織は圧迫されていて菲薄化していました。

そのためバッグ挿入同時のCRF注入量は右:200㏄ 左:170㏄でした。

その後3か月後凍結保存しておいたCRFを左右ともに100㏄づつ追加注入しています。

半年後の状態です。

いかがでしょうか?

とても自然な形状になりました。

ゲスト様も大満足です。

シリコンバッグの悪性リンパ腫発生が報告されました。

そのため今後、バッグ除去希望の方が増えてくると予想されます。

バッグ取り出し同時に脂肪豊胸の症例数は間違いなくTHE CLINICが症例数が多く、どのドクターも経験値が高いです。

バッグ取り出し同時脂肪豊胸を考えている方は当院にご相談してください。

 

 

この施術に関する情報

コンデンスリッチ豊胸:●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬、固定レンタル)¥0●コンデンスリッチ豊胸¥980,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)¥880,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用、Φ2.4mmヌードルインジェクション)¥1,080,000

シリコンバッグ抜去:

副作用・リスク:施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性があります。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

豊胸・バストのお悩み 症例ブログ