何故、豊胸の時 脂肪採取場所を大腿部の外側をお勧めするのか?

1,481view

こんにちは、THE CLINIC 統括医局長 加藤です。

今回は「何故、豊胸の時 脂肪採取場所を大腿部の外側をお勧めするのか?」ということについてご説明します。

結論から申しますと①脂肪の質が良いこと ②スタイルが良くなることです。

 

具体的に症例を見てみましょう。

術前です。このゲスト様は典型的な女性の体形です。太もも外側の張り出しが目立ちます。

術後です。

張り出しがスッキリしています。スタイルが良く見えます。外側部位を採ることだけでこれだけ印象が変わります。

 

また太ももの深い部位の脂肪には 脂肪幹細胞が多く含まれており 生着率にかかわってきます。

コンデンスリッチ脂肪豊胸の時の採取部位として大腿外側部は『一石二鳥』です。

お勧めです。

この施術に関する情報

施術名: ベイザー脂肪吸引
治療の概要: ベイザー波という超音波を皮膚の内側から脂肪組織に照射して、周辺組織と脂肪細胞を遊離。その後カニューレという専用の管で脂肪細胞を吸引除去する。術後は脂肪採取部位を圧迫固定。カニューレ挿入口には、5mm程度の小切開を加える。
施術費用(モニター価格): 1部位: ¥280,000〜¥380,000(税込¥297,000〜¥418,000)
モニター募集に関して詳しくはこちらをご覧ください。▷【ベイザー脂肪吸引モニター募集】

副作用・リスク: 施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

脂肪吸引 症例ブログ