49歳破損したシリコンバッグ取り出し同時にコンデンスリッチ脂肪(CRF)豊胸

584view

今回は49歳 162cm 49kg (BMI:18.6)のゲストです。

15年前に大手美容外科にてシリコンバッグ豊胸(乳腺下)をされています。

左側バッグ部位の違和感があり バッグの摘出と同時にコンデンスリッチ(CRF)豊胸ご希望でご来院されました。

外観上の違和感はありませんが 診察(触診・エコー)上、 左乳房バックは破損しており 右側はリップリング、そして軽度硬縮を認めました。

バッグ抜去-crf豊胸バッグ抜去-crf豊胸

 

バックは(挿入時の)腋窩の傷より摘出しました。

摘出したバックです。205ccのバッグでした。左はエコー検査の所見通り破損を認めます。

バッグ抜去-crf豊胸

バッグを取り出すと(横にはなっていますが)このようにバッグが存在していた部位は凹んだ状態になってしまいます。

バッグ抜去-crf豊胸

やはりこのような状態はあまり良いものではありません。

元々何もない場所にスペースを作りバックを入れるので周囲の組織を圧迫します。

その結果このようになってしまうのです。

左右の大きさを見ながらCRFは右200ml、左170ml注入しました。

脂肪注入後1か月です。

少し全体的なボリュームは低下しましたがゲストは「自然な形状と触感」に大満足でした。

バッグ抜去-crf豊胸バッグ抜去-crf豊胸

 

バッグは破損や硬縮による変形をきたします。もしバッグの硬縮等認めましたらご相談下さい。

 

この施術に関する情報

コンデンスリッチ豊胸:●基本セット(消耗品・麻酔・内服薬、固定レンタル)¥0●コンデンスリッチ豊胸¥980,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)¥880,000●コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用、Φ2.4mmヌードルインジェクション)¥1,080,000

注)施術後には一定期間、痛み、浮腫み、内出血、こわばり等の症状が見られることがあります。また、この他にも予期しない症状が現れる可能性がありますので、術後異常を感じた際には速やかにご相談ください。

筆者のご紹介

加藤敏次

10年にわたり数多くの外科手術を手掛けてきた形成外科専門医。現状に満足することなく高みを望む「進化し続ける美容外科医」を志す。脂肪専門のスペシャリストとして世の中に貢献しようと日々邁進する。気さくで親身な姿勢がゲストからの人気を集めるドクター。

  • 日本形成外科専門医
  • 日本顎顔面外科学会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • VASER Lipo認定医
  • コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
  • VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医